27歳独身男性のエッチしたい女性の話

私は現在埼玉県に在住している27歳の独身男性です。

私は今まで女性とお付き合いをした経験が無く、これまで自分の性欲を全て風俗で解消してきました。

そんな私がインターネットの「出会い系サイト」を利用して2週間目にして早くも新宿駅で女性と待ち合わせる約束を取り付け実際に出会えたのです。

新宿駅南口で待ち合わせをしたその女性の容姿は年齢は20代前半で黒髪で髪をポニーテールにしたヘアースタイルの身長は150cm前後の細くて小さくて可愛い女性でした。
私は出会った瞬間からこの女性と『エッチしたい』と強く思いました。

新宿駅南口で待ち合わせをした女性と落ち合い、意気投合してとりあえず新宿の高島屋デパートに行き、テラスのあるレストランでお茶と軽い食事を摂る事にしました。

テラスレストランの店内で私は彼女に「今日は本当に出会えて嬉しい。来てくれてありがとう。」と話すと彼女は「私も会えて良かったです。(私のハンドルネーム)さん、とっても良い人そう。」と答えてくれました。

注文したアイスティーを飲む彼女の口元が可愛くてずっと見つめてしまった私に気が付いて彼女が「ふふっ」と笑ったかと思うと視線を窓の外に逸らせて窓の外を彼女は眺めていました。
どこか物憂げな彼女の表情にそこはかとない少女の儚さの様な物を私は彼女から感じました。

自分でも無意識のうちに彼女の口元ばかり見つめてしまっていたのは、目の前に居るこの可愛い小さな女性とエッチしたいと強く思う心が表面に出てしまったからで、「焦ってはダメだ」と私は自分に言い聞かせながら彼女とまずは他愛の無い世間話をしようと幾つかの世間話を彼女に振ったのですが、彼女は上の空、と言った感じで私の話をあまり聞こうとしません。
私は早くもフラれたと感じ落ち込み始めていると彼女が「もう、出ましょうか?もっと静かな所に行きましょっか。」と言ったのです。

私は「ああ、はい。」と表面上は冷静を装って答えましたが内心は急激な彼女の展開に驚いていました。
彼女が言う「静かな所」とは、一体。

私はもしかしたら私の「この子とエッチしたい」という願望の実現が間近に迫っている音をひしひしと感じていました。

38歳独身男性フリーターの恋人

今の恋人は出会い系で知り合いました。出会い系で知り合ったなんていうとまあビッチなんじゃないのって
思われると思うんですが、全然そんなことはなくて清楚形です。
自分はこの前の恋人も出会い系で知り合ったんですが、そいつは明らかなヤリマンでしたね。
でも体つきはかなりエロくてもう会った即効にこいつに中出ししたいと思いました。
まあ出会い系で知り合っているわけですからホテルに誘うのも簡単ですよね。
ファミレスで会ったんですがメシを食ってそのあとどうする?って笑いながら聞くと
落ち着ける場所なんてまー言いなれた台詞を吐くんでじゃ、落ち着ける場所行こうかってことで
即ゲットでした。でも今回の子は出会い系自体がそもそも初めて使うって感じの子でした。
髪も黒髪ですし、目がくりっとして大きいんですよ。それで肌も白くて、お嬢様系の大学に通ってるらしいんです。で、
なんで出会い系なんかに書き込みしてたのって聞いたらどうも家出をしたいらしくてそれで泊めてくれる人を
探していたらしいんですね。俗に言う神待ちってヤツですけど、君みたいな子が
そんなことしてたら一瞬で襲われちゃうよって言ったら、自分と初めにメールのやりとりを
してよかったって笑うんですよ。こんな純な子には会ったことないって感じで
本当にズキュンと来ちゃいましたね。
それから自分のうちに呼んで汗をかいてるっていうんでシャワーを貸してあげました。
であがったら自分のシャツを貸してあげたんですが、その着替えてるところを頂いちゃいましたね。
なかなかカワイイヤツです。